組織診断をすることが大切|経営不振からの脱却

電子記録で取引を可視化

会議

新たなる決済方法

企業が取引を行うにあたって、決済手段として採用されてきたのは「手形」や「売掛債権」といわれるものであった。しかし、それらには長所もあるが問題点もあった。手形は作成にコストや時間がかかり、また紛失するリスクも抱えていた。売掛債権にも、二重譲渡のリスクがあった。それらの課題を解消したものが「電子記録債権」である。一般的に「でんさい」と呼ばれることが多い。この「でんさい」は、手形などを電子化したというものではない。手形や売掛債権の長所は生かしながら、それぞれの持つ問題点を解消した全く新しい金融債権である。でんさいは、電子債権記録機関の記録原簿に記録されることをもってその効力が発生されるようになっている。電子記録されることで、電子債権記録機関に管理を任せることが出来ることにメリットがある。また、でんさいはその存在もしっかりと証明でき、帰属も分かる、つまり可視化が出来るということも大きなメリットがある。さらに可視化によって、取引に公正性も生まれるようになったのは大きな特徴の1つである。近年、様々な金融商品が電子化されるようになってきた。株券や債権なども電子化された。「自分で責任を持って管理する」と思っていた人は多いが、現物を持って生活するということは相応のリスクも持つことにほかならない。電子化されると、管理も任せることが出来る。さらに、存在も明らかとなるため取引にも公平性が生まれてくるのだ。でんさいは、日本全国の銀行で利用できるようになっている。新しい決済手段として、検討することは当然であると言っても過言ではないのだ。