組織診断をすることが大切|経営不振からの脱却

会計業務の負担を軽減する

PCを触る女性

クラウド型も人気上昇中

法人税申告や確定申告の際には、企業の経理担当社や個人事業主は会計業務に忙殺されることになります。法人税の申告に必要な決算書作成はもちろん、日常的な帳簿作成や仕訳作業も含めた会計業務にはパソコンの利用も欠かませません。そのような会計業務を表計算ソフトで賄うことも決して不可能ではありませんが、関数やマクロなどの複雑な処理も必要となるため属人化しやすいのが難点です。多くの企業は帳簿や決算書の作成に会計ソフトを利用しており、小規模の事業所や個人事業主では安価な市販ソフトが使われてきました。パッケージ型の会計ソフトにも多種多様な製品が存在し、導入費用の高いソフトには予算や昨対実績との比較など多くの付加機能が実装されています。単なる会計処理だけでなく経営分析や戦略会計にまで応用できることから、中規模以上の企業や経営戦略を重視する企業にそうした製品が利用されているのです。大企業ではさらに一歩進めて、販売管理や在庫管理・生産管理等の業務を会計と統合した業務横断型のERPパッケージ導入が進んでいます。個人事業主や中小企業では会計ソフトにそこまでの多機能を求めないケースも多く、むしろ会計業務の負担軽減に役立つソフトが人気を集めているものです。中でも安価な月額料金で利用できるクラウド型の会計ソフトは、金融機関からのデータ取り込みと仕訳を自動化できる点で大きなメリットがあります。一定の利用料金を支払っていれば最新版へと常にアップデートされ、セキュリティが強化される点もクラウド型会計ソフトの魅力です。事業の円滑な運用に欠かせない会計ソフトは、企業の規模や経営に対する考え方によって必要とされる機能が異なります。会計業務の負担軽減を重視する場合は、クラウド型や安価なパッケージ型会計ソフトが最適です。より戦略的に会計データを経営資源として活用しようという企業には、財務分析機能を持つ製品が選ばれています。